プロフィール


M=ミクニ R=レクセン C=クラブ

前身は大阪市の「レクセン」というカテゴリーにあり、三国中学校の地域の有志によって結成された
チームを母体に本格思考で集まった金山(前監督)、西田、大原、小石兄弟を中心に大阪クラブ連盟に登録
し活動していた9人制のバレーチームである。

この時、神野少年(当時14歳)が中学生にもかかわらずこのチームの練習に参加していた事が現在の
MRCのチーム構成に一役かっており今に至る。

1988年:塚本、1989年に松阪が太成高校を卒業し小石兄弟の勧めにより入部。

1991年:安田(前監督)が太成高校を卒業と同時に入部。同じく大原簿記専門学校を卒業した神野、小畑が
そろって入部。これを機にチームが若返りをとげる一方、戦績が急降下、大会に出場しては負け、メンバーも
週代わりで練習も4,5人しかこない冬の時代に突入する。


当時のユニフォーム現在のユニフォーム

1997年(?):安田の会社の同僚の住友(HP管理人)が入部。小西(桜宮高)を巻き込み活性化を図るも
やはり戦績は上向かない。

1999年(?):安田の堀江中の先輩であり小西の同級生だった植田(元造幣局)を引っ張り込み、ガラッと練習が
一変する。このころ安田が松下AV門真(大阪実連所属)に顔を出し始める。
監督が金山から岡田に引き継がれ、岡田息子とその友人二人が入部。待望のセッターが入り戦力的には
まとまってきたが、当時の大阪クラブ4強には手も足もでない状態が続く。

2000年:大宮レクセンに所属していた舛野(桜宮高)が入部。そのつてで丸橋(前キャプテン:桜宮高)も入部。松下
AV門真が廃部となり安田がリクルート作戦を開始。

2001年:ついに松下AV門真の主力だった塩月、小野原、西岡が入部し活気を
帯びる。同年クラブカップ予選を突破、ついに念願のクラブカップ全国大会に出場する。(当時の記事「ザ・淀川」より)
参加メンバー:小野原、塩月、小西、植田、安田、神野、舛野、西岡、小畑、丸橋、中村(京)、岡田

2002年:GWに開催される実連主催の強化練習会に参加し始める。
クラブカップ予選にて残念ながらガッツクラブに負け、連続出場ならず。
10月の会長杯でガッツクラブに雪辱するものの、てんとう虫に負け準優勝。

2003年:クラブカップ予選、てんとう虫に敗退。
会長杯、決勝でてんとう虫と対戦、フルセットに持ち込む激戦だったがまたもや敗戦。準優勝。

2004年:クラブカップ予選、みなみ関西電力、ガッツクラブに勝利し、3年ぶりに本戦出場。

2005年:クラブカップ予選、PARADISE、Dreamをフルセットの末勝利し連続出場。

2005年クラブカップ参加記念

2006年:クラブカップ予選、元祖てんとう虫をフルセットで勝利するものの、準決勝でBambinoに敗退する。
代表決定戦でDreamを破り、3年連続本大会出場。
群馬県前橋で行われた本大会はALL BLACKS(愛知)、D-CLUB(神奈川)に惨敗。
参加メンバー:小野原、塩月、植田、松室、神野、舛野、小畑、丸橋、陽一
小野原が転勤によりチームを離脱。

2007年:住友がチームに復帰。クラブカップ予選、ガッツクラブに敗退、出場権を逃す。
元東芝の石田が加入。

2008年:クラブカップ予選、Bambinoに敗退。
植田が転勤により離脱。ビーチより幸福が加入。元東芝の飯飼加入。達磨会より岩本が加入。
近畿クラブ選手権出場、かぶと虫(奈良)、達磨会(兵庫)に勝利、準決勝でてんとう虫に敗退。3位。

2009年:近畿9人制総合選手権に出場。東レ(滋賀)に快勝するものの、住友電工に惨敗。
クラブカップ予選、ガッツクラブに辛勝、Bambinoに敗退。代表決定戦にてDreamをフルセットで下し、
3年ぶりに本戦出場。
大阪市で行われた本大会、工大附工クラブ(広島)、大東クラブ(島根)に惨敗。
参加メンバー:西之園、松室、石田、住友、岩井、飯飼、小畑、丸橋、山本
BENNYより中谷が加入、元北陽高の岩井、西之園が加入。山本翼が加入。

2010年:近畿9人制総合選手権に出場。モリタ製作所(京都)に惨敗。
クラブカップ予選、谷町クラブに快勝した後、Bambinoに惜敗。代表決定戦でDreamと対戦、フルセットの末惜敗。
社会人西日本大会に出場、予選、戸上電気製作所(佐賀)に勝利、トーナメント初戦、東レ(滋賀)に敗退。
参加メンバー:幸福、西之園、石田、松室、塩月、岩井、斎藤、飯飼、丸橋、岩本、相模、住友
元勇志会の中村(昭)が加入、元東山クラブの小脇が加入。

この年の最後の大会の鳴川杯にてんとう虫に敗戦後、チームメンバー同士の熱い激論が波紋を呼び、年明け早々の
ミーティングを最後にチームが崩壊。監督が安田から住友に引き継がれる。
岩本、西之園、幸福、石田、松室、相模、飯飼が離脱。

2011年:メンバーが大量に抜け、残ったメンバーで再起を期す。
門真市の大会に登録。市民大会で優勝。しかしクラブ連主催の大会ではことごとく敗戦が続く。ランク戦に至っては、メンバー
不足により出場できず、ランク落ちとなる。
また、東大阪市民大会に出場した際には、復帰した西岡が試合中にアキレス腱を断裂、秋の総合予選では神野がこれまた
試合中に捻挫し、メンバー不足による途中棄権を味わうことになる。
西岡、塩月、安田が転勤により離脱。

2012年:クラブ連所属の錦成会が解散し、住友がリクルートを開始。山入端、坂根、寺澤兄弟をメンバーに加え、新生MRC
として再起する。クラブカップ予選には敗退したものの、社会人西日本大会の予選を見事勝ち抜き、宮崎大会に3年ぶりに
出場。WADEARS(鹿児島)、三京リビング(沖縄)に惨敗。
参加メンバー:斎藤、山入端、寺澤(一)、寺澤(孝)、坂根、中村(京)、岩井、丸橋、大橋、神野、中谷、住友
中村(京)が復帰。中村(昭)が転勤により離脱。中谷が離脱。
大橋が加入。

2013年:昨年末に復帰した中村(京)をセッターに据え、更に親交のあった奇面組から榎本、橋本を補強し戦力を整えた。
クラブカップの予選には敗退したものの、社会人西日本予選を危なげなく勝ち抜き、高知の本大会に出場。予選リーグで
今治くすのきクラブに敗退したものの、敗者戦で津山クラブ(岡山)に勝利。トーナメント初戦、川崎重工神戸(兵庫)に敗退。
参加メンバー:斎藤、橋本、山入端、榎本、寺澤(孝)、寺澤(一)、丸橋、大橋、中村(京)岩井、神野、住友


以下構想中・・・